アトピー完全克服.com

アトピーなんてもう怖く無い。大丈夫だよ。

アトピー肌に化学繊維はなるべく控え綿100%にすると良い。

   

アトピー肌には綿100%が一番良い?

アトピーの人は肌に触れる生地のことも注意しましょう。
入浴後のタオル、肌着(下着)はもちろんのこと、普段着る服のことまで考えてあげたいところです。

入浴後

アトピーの人は入浴後、ナイロンタオル(化学繊維など)でゴシゴシと体を拭くのではなくなるべく綿100%のものを選ぶようにしましょう。
ゴシゴシ洗うのは適度に刺激があって気持ちが良いという人が多いのも理解出来ますが、あの刺激がアトピーのお肌にとっては良いものではありません。

服装について

お子様がアトピーで辛い姿を見ると、親としてなるべく楽にしてあげたいと思うでしょう。少しでも楽にしてあげる為には、肌着、下着に関しては必ず綿・コットン100%の素材を意識して買うようにしてください。

なぜなら昨今の衣類には意識しないで買っていると何かしらの化繊が使われているためです。今まで意識せずに買っていたなら今ある箪笥の中にある肌着を見てみて下さい。ほぼ100%と言っていいくらい化学繊維が使われているはずです。

しかし、住む地域によっては、
お店で綿100%のものだけを探すのはなかなか大変な労力だったりします。

そのような場合は、子供服などが多く載っているカタログを利用するのもいいと思います。最近ではお肌に悩む人の為の商品が数多く掲載されていますのでそちらで選んで下さい。
その時は綿100%でオーガニックなものを選ぶようにしましょうね。

また綿100%以外でオススメ出来るものはシルク(絹)です。
吸湿性、放湿性に優れ人の肌に適した素材です。ただし綿に比べ値段が高い事を考えると安価な綿100%がいいと言われる理由ですね。

避けるべき繊維

避けたいのは化学繊維、合成繊維です。

主にレーヨン、ナイロン、ポリエステル、ポリウレタン、アクリル繊維と、
その他にはウール(動物性繊維)などです。
前5種は化学繊維なので言わずもがなですね。
速乾性が非常に高い為洗濯物として乾きやすく使いやすい便利な繊維なのですが、これが人の肌の水分までも吸い取ってしまい乾燥を加速させてしまうので炎症の悪化を招いてしまいます。
更に言うならば化学繊維は静電気を起こしやすいのでこの刺激によってかゆみを誘発させてしまうということもあります。
これが保湿が重要とされるアトピー肌の方にとっては相性が良くないとされている理由なんですね。

またウールはお肌を刺激してしまう為で、これは羊毛は繊維が太く角ばった断面をしているらしく、それがお肌の弱いアトピー肌を刺激してしまう理由なのです。ただし、保湿性、保温性を備えた繊維ですので、
お肌に直接当たらないよう冬場などに使う分には問題は無いです。

汗で炎症が酷い場合の例外的な化繊の使い方

先ほど避けるべき素材として挙げた化学繊維ですが、使い方によっては天然素材だけではカバーしきれないポイントを抑える事が出来ます。

天然素材は吸水性を保ちつつ(保湿)速乾性も保つ事は出来ません。

ん?ちょっと待って?速乾性ってさっきお肌の水分まで吸い取ってしまうからダメなのでは?と思った事でしょう。

ここがデリケートな部分なのですが、汗で蒸れてしまってもアトピーには良くありません。細菌の温床になり炎症を悪化させてしまう為です。それを防ぐ為には吸水、速乾性の高い化学繊維の下着が有効なんです。

ここで例外的な使い方としてお肌に直接触れる場所(裏地)に綿100%使用した下着を着用し肌に刺激を与えないようにしつつ、表に速乾性の高い化学繊維を使用したものをオススメします。

お肌には個人差があるのでこれが絶対!というものはありませんが、お子様のお肌の状態を見つつ、根気よく一つずつ問題を解決することがアトピー克服の近道と言えますので、アトピーに負けず頑張っていきましょう!

おすすめランキング

1位:アクアゲルマジェル

当サイト断然1番人気のオールインワンジェル。
言わずとしれた人気商品です。
乾燥肌にお悩みの方はもちろん、お風呂の後のアフターケア等にもつかえ値段もお手頃なのでおすすめします!

2位:養麗潤(ようれいじゅん)

入浴時に使用オススメ。アルコール不使用、界面活性剤不使用だから赤ちゃんにも使える石鹸です。アトピーなどの敏感肌、乾燥肌にも使え家族みんなで使えるのでおすすめです。

3位:みんなの肌潤風呂

モニタリングで86%の人がアトピー改善を実感した程の入浴剤です!水道水に含まれ肌を刺激する塩素を除去し、天然温泉成分、別府明礬(みょうばん)温泉の「湯の花」が肌にミネラル(栄養)を与えながら皮膚や汗腺の油脂、汚れ除去を実現します。

みんなの肌潤風呂

 - アトピー予防, 服装 , ,