アトピー完全克服.com

アトピーなんてもう怖く無い。大丈夫だよ。

ステロイドの主な副作用一覧

      2015/05/18

ステロイド

ステロイドといえば
強力な効果もあると同時に、
副作用も様々あるとされております。
そこでステロイドの主な副作用一覧を書かせていただきます。

※アトピーのステロイド外用薬の副作用のみでは無く
一般的なステロイド外用薬で考えられる副作用も含んでおります。

 

 

ステロイド

 

 

 

 

 

クッシング症候群

ステロイドが原因で糖質コルチコイドが増加し、引き起こされる症状。
このクッシング症候群が原因で高血圧、糖尿病、骨粗相症、感染症なども
併発される危険性があるとされます。

緑内障(あおそこひ)
目が疲れる、目がかすむ、蛍光灯や電灯を見ると、周囲に虹がかかって見える、
目が痛い、よく充血するなどの症状が主。
失明に至ることもある病気ですので
緑内障の症状が多く見られた場合は
早めに医師に診てもらった方が良いかもしれません。

皮膚線条
思春期の子供に多く見受けられる症状で、
急激に太ったりすると出来る線。皮膚線条はストレッチマークとも呼ばれる通り
皮膚が急激に伸展したために皮膚が裂けてしまった状態です。
他人妊娠線のような模様を生じます。
何年経っても消えないことが多いです。
ステロイドが原因でなる場合は皮膚が薄くなり
ステロイドは免疫を制御する作用がある為に
皮膚線条の原因となります。

十二指腸潰瘍
自覚症状で最も多くみられるのは上腹部痛で、空腹時や
特に夜間に痛みが現われる事があります。
しかし全ての方が当てはまる訳ではなく、20~30%では痛みが出現しないことに注意する必要があります。
その他、背中の痛み、吐き気、嘔吐、食欲不振、体重減少、吐血、下血
などの症状があります。
吐き気だけの方は逆流性食道炎の症状と
判別しづらい場合がありますので、
まずは医師にご相談し、診断を受けて下さい。。

胃潰瘍
症状としては十二指腸潰瘍と同じで、これもまた逆流性食道炎と似た症状です。
一般的に痛みの症状は胃潰瘍では食後に強く、
十二指腸潰瘍では空腹時に強いと言われていますが
このような症状が出るのが全てではありません。
ですのでストレス性のものだと決めつけず、最寄りの医師に相談することをお勧めします。

精神症状不眠
不眠症、多幸症、うつ病に似た症状などほとんどの場合は
軽度の症状の方が多いですが
絶対値としてかなり悩んでいる人が多いようです。
ステロイドが原因でこのような症状になる場合は
ステロイドの減量により改善される場合が多いです。
後遺症も残らない場合がほとんどですが、
まずはこのような症状が出た場合は主治医の方に相談してみましょう。

ムーンフェイス(満月様顔貌)
ステロイドの副作用により、体重増加と共に顔がまん丸になる症状のことで、
ステロイドの投薬量等にもより個人差はありますが、
ほぼ100%の人に出てしまう症状といわれています。
ステロイド薬の減量により改善されます。

月経異常
これはステロイドの副作用によりホルモンバランスが崩れることにより起きます。

間質性肺炎
呼吸困難、呼吸不全、空咳などの症状が見られます。また
間質性肺炎は治療の困難な難病であると言われていて
肺線維症を誘発する可能性があります。
今後難病指定されることがあるかもしれません。
この病気に関してはこの病気自体を専門に扱い、
西洋だけでなく東洋医学まで幅広く可能性を模索し、
常に研究されている先生でなければ治療はできない病気のではないか?
と言われております。

副腎皮質機能低下症
もともと人間には副腎皮質からステロイドホルモンが分泌されるのですが
急にステロイド外を使用しなくなると、ステロイドホルモンが不足し
倦怠感や吐き気、頭痛、血圧低下、色黒、体重減少、脱力感など様々な
症状が見られることがあります。

皮膚萎縮
長期にわたってステロイド外用薬を使用した場合
稀に出る症状で
表面にちりめん状の細かい皺がよる、
下の静脈が透けて見える、つまむと薄い感じがする
子供やお年寄りに多く見られる症状です。

ステロイド紫斑
老人に多く見られる症状で、赤い点状の皮疹が皮膚に出現したり、
青黒いあざのような状態になる。
ちょっとした刺激でも、青あざまたは黒いあざのようなものがてきてしまいます。

ステロイド潮紅
成人に多く見られる症状で、酒さ様皮膚炎とも呼ばれ
顔全体が酒気を帯びたように赤くなったり赤い斑点ができることがある症状です。

毛細血管拡張
毛細血管が肉眼で分かるほど拡張され
細長い血管が皮膚表面に浮き出てみえる状態です。
頬や鼻の横、下に多くみられます。

ステロイドざ瘡(ざそう)
ざそうとは病院で使われる専門用語で、
簡単に言うとニキビのことです、

多毛症
女性などが疾患する女性多毛症、男性が疾患する男性多毛症があります。
患部が他の場所よりも多くが毛が生える症状で、
特に女性がこの症状で悩む事が多いようです。

感染症になりやすくなる、または悪化する。
ステロイド外用薬は
使用し続けると、部位の免疫を低下させる役割をもつ薬なのですりむいたり
怪我をしてしまうと感染症を誘発する恐れがあります。

口囲皮膚炎
口の周りに赤い斑点ができる症状で女性に行く見受けられる症状です。

接触皮膚炎
簡単に言えば、アレルギー性の皮膚炎です。ステロイドにより皮膚薄く
更に免疫力低下している為
刺激物の許容濃度を超えたものを触ったりすると炎症を
起こしたりします。

以上のような症状がステロイド使用により引き起こされると考えられる
副作用です。しかし必ずしもステロイド使用によって副作用が出る訳ではありません。
正しい容量、用法を守れば決して
体に悪いばかりでは無いのも確かです。
しかし、改善されない為に
自己判断で多く塗布したりすることで、
ステロイドの副作用が出る事があるのも確かです。

脱ステロイドによるリバウンドの期間は使用状況に影響されるって本当?

おすすめランキング

1位:アクアゲルマジェル

当サイト断然1番人気のオールインワンジェル。
言わずとしれた人気商品です。
乾燥肌にお悩みの方はもちろん、お風呂の後のアフターケア等にもつかえ値段もお手頃なのでおすすめします!

2位:養麗潤(ようれいじゅん)

入浴時に使用オススメ。アルコール不使用、界面活性剤不使用だから赤ちゃんにも使える石鹸です。アトピーなどの敏感肌、乾燥肌にも使え家族みんなで使えるのでおすすめです。

3位:みんなの肌潤風呂

モニタリングで86%の人がアトピー改善を実感した程の入浴剤です!水道水に含まれ肌を刺激する塩素を除去し、天然温泉成分、別府明礬(みょうばん)温泉の「湯の花」が肌にミネラル(栄養)を与えながら皮膚や汗腺の油脂、汚れ除去を実現します。

みんなの肌潤風呂

 - アトピー治療薬, ステロイド , ,