アトピーの原因?アトピーは皮膚の下痢とは?細菌が悪影響か?

2015年4月22日

resize

アメリカン・ビタミンショップは
アトピー性皮膚炎の原因を調べた所
下痢を繰り返し起こす人が多いという報告をまとめました。

下痢になりやすい体質の人の多くは
腸内環境の働きが悪く、その結果腸内の免疫のポイントを
刺激してアトピー性皮膚炎になってしまう事例があるというのです。

確かに私の子供も、すぐお腹を壊して下痢になる事が多かったので、
これはうなづけます。

ネット上では
便秘になることにより
腸内環境が悪化する事で、
それが原因となって体、皮膚に毒素が回り、
アトピーを発症するといった記述が多く見受けられたのですが、
どちらにせよ、
腸内環境が乱れるとアトピーに発症しやすいということでは無いでしょうか。

更にアトピーは皮膚の下痢という医師もいるくらいで、
アトピーの原因は体に溜まった毒素を皮膚から強引に絞りだす為に、
発疹を作り、血を出させ、皮膚からグジュグジュした液体を出すことにより、毒を体の外に排出している
と、いうのです。

そう考えると、細菌などで
腸内が環境悪化し、毒素が体中を充満し始め、
無理矢理毒素輩出する為にアトピーを引き起こすと言うのは
うなづけます。

アトピーに限らず、便秘の方には必ずと言っていいほど
肌荒れの問題もありますから、
アトピーまでは行かずとも、
その一歩手前と考えていいのかもしれません。