ステロイドをやめるとリバウンドが激しいからやめてしまうアトピー治療。

2015年5月18日

何かをしなければならない。
アトピー治療をする上で患者の皆さんが思う事でしょう。
私もそうでした。

薬を塗らなくてはならない。保湿しなければならない。
これを絶対しなければならない。

食事療法も考えないとならない。などなど。
結局あれもこれもそれも。
でも結局どれをやればいいの?と
思う事でしょう。

だからステロイド治療が良くないとわかっていて、
ステロイドを使う事をいざやめるとなって、
頑張っていても、
ステロイドを使わない事で一時期現われるリバウンドの症状が
出始めると、
我慢出来ずに
ステロイドを使ってしまう。

勿論、かゆみは辛いですから、
使ってしまう気持ちはわからなくはないんです。

多分、
こう考えてしまうでしょう。

リバウンドですから
ステロイドを使っていた時期より
一時期酷い症状が出ます。

すると、
やっぱりステロイド(薬)を使わなくなったせいで
こんなに症状が酷くなったんだ。と。
そして、何もしてなかった事を後悔し、
再びステロイドに手を染めてしまう。。。

こうなると
せっかくいい方向に進んでいても
また一気にステロイドの悪い効果が
一気に加速してしまうんです。

結局の所、
アトピー治療というのは
薬や先生の力というよりも
最後は本人の意思と
自然治癒力がものを言ってきます。

私も中学までは
アトピーは酷かったです。
ですが中学に入り
毎日部活で汗を流し
かゆみなんて忘れるくらい
疲れきって
倒れるように布団に毎日入っていると
気づいたら
治ってました。

それまでは痒みが出ると
薬を丁寧に塗りこんでました。
ステロイドです。

それがなくなってから
部活で体力が付くのとともに

ステロイドを使わなくなったことで
よくなったのかもしれません。

私の場合は
アトピーを克服するまで、
気が付けば何もせず
自身の治癒力のみを頼りに
待ち続けていた結果だといっても
過言ではありません。

ただ、皆さんが全て
自然に一人で待ち続けるなんて
あの痒みの中では
厳しいでしょう。

ですから、
そんなアナタをサポートしてくれる
医師を見つける事も
必要になってくるかもしれません。

他のステロイド関連の記事はステロイドによるリバウンドをご覧下さい。